手塚治虫おもちゃの部屋ブログ

手塚治虫作品関連グッズを中心に、奈良、音楽、教育などをとりとめなく書いています。 myHP「手塚治虫おもちゃの部屋」もよろしくね。          → http://tz-toy.my.coocan.jp/

カテゴリ: 私の好きなマンガ達


イメージ 1
「その女、ジルバ」有間しのぶ(オリジナルBIG COMICS、小学館)


イメージ 2
「あれよ星屑」山田参助(BEAM COMICS、KADOKAWA)


もうだいぶ前になりますが、今年の6月6日に開催された第23回手塚治虫文化賞の贈呈式と記念イベントに行ってきました。毎年応募してるんですが、いつも抽選落ちしていました。今年は運よく当選することができました。今年の受賞作品、受賞者は下記です。

マンガ大賞:「その女、ジルバ」有馬しのぶ
新生賞:「あれよ星屑」山田参助
短編賞:「生理ちゃん」小山健
特別賞:さいとうたかお
さいとうたかお先生のご尊顔を拝することができてとてもうれしかったです。

遅まきながら、今回受賞した、 「その女、ジルバ」、「あれよ星屑」を最近読みました。
両方とも受賞前は、まったく知らなかった作品でしたが、贈呈式会場に置かれていた単行本をぱらぱら読ましてもらい少なからず興味を持ったので、じっくりと読もうと思ったのです。
私が興味を持った理由は、両作品とも、太平洋戦争が重要な要素となっているからです。
ネタバレになるので、内容を詳細には説明しませんが、登場するのは、
○戦中、戦後の時代のうねりに翻弄されたブラジル移民のジルバママ(その女、ジルバ)、
○戦後の焼け跡で戦争体験を引きずりながら心の放浪を続ける軍隊組織において最下層の部隊に所属していた元軍人逹(あれよ星屑)
で、戦争前は普通に生きてきた一般人達です。ただし、彼等の戦後の生きざまは必ずしも幸せではなさそうに見えます。戦争がなかったら、全く違う人生を生きたはずの人達です。

私はもちろん戦後に生まれていますが、親たちはまさに戦中を生きてきた世代なので、いろいろな機会に少なからず戦争中の事を聞かされて育ちました。そのせいもあってか、戦争に関わる話で特に一般人のエピソードにはとても惹かれてしまうようです。今回は両作品を読み、読後には、さびしいような、かなしいような、少しなつかしいような、なんとも言えない感情が沸き起こって来るのを感じました。最近読んだマンガ作品では、一番私の心に刺さりました。贈呈式に行かなかったら、たぶん一生読まなかった作品逹でしたね。。

この章は、時折、書き足します。








長谷邦夫先生が、11月25日に亡くなられていたことを知りました。

あまり多くを語ることはできませんが、漫画の一ファンとして大変残念に思い、寂しい気持ちでいっぱいです。

長谷先生というと、まずは、「しびれのスカタン」を思い出しますが、ご自身もトキワ荘関連のマンガなどには必ず登場されていました。メガネ、ヒゲが濃そうで、頭頂から真ん中分けした髪型、作品中ではセリフが少なくなんとく寡黙そうで、石森先生や赤塚先生がピンチの時にお手伝いする姿が描かれていました。

漫画を漫画という手段でパロディした作品を多く描かれていて、COM誌上にてリレー連載されていたトキワ荘物語シリーズでは、滝田ゆう先生の「寺島町奇譚」風にアレンジした「椎名町奇譚」を発表されていました。独特の間で、さっぱりとした感触の作風は先生のお人柄によるものだったのでしょうか?

同人誌時代からの石ノ森章太郎先生との交流、赤塚不二夫先生のブレーンとしての活動、トキワ荘のことなど、いろいろなことをお話ししていただきたかったです。。。 

ご冥福をお祈り申し上げます。

イメージ 1
「石ノ森章太郎の物語」石ノ森章太郎(三栄書房)


イメージ 2
「完全解析!石ノ森章太郎」監修:石森プロ(宝島社)

今年は、石ノ森章太郎先生生誕80周年とのことで、いろいろなメディアに石ノ森先生の事がとりあげられています。NHKの「100分de名著」の特番になったり、日本テレビの24時間テレビのドラマスペシャルで「ヒーローを作った男  石ノ森章太郎物語」が放映されたのは記憶に新しい出来事でした。

出版物もたくさん発行されています。私も、上に示した2冊を入手しました。正直に言うと、石ノ森作品やエピソードに触れるのは久しぶりで、昔の記憶を取り戻しながら、石ノ森テーストを味わいながらゆっくりと読んでいったので、全部読み終えるまで大変時間がかかりました。いずれの本も「石ノ森愛」に満ちていて、頁をめくるたびに、いちいち感動しながら読みました。

石ノ森先生は、私と同じ宮城県出身なので、私は石ノ森先生に強い親近感を抱いており、先生が発表した作品は、できるだけ読むようにしていました。とても洗練されていて、大人っぽい絵柄、特に女性像などは、どきどきしながら鑑賞したものです。青年誌プレイコミックの表紙は、今でもたくさん保存しています。

そういえば、「マンガ家入門」で石ノ森先生が東日本漫画研究会を立ち上げ活動されたとのエピソードを読み、これに触発され私も身近な人に声をかけて、肉筆回覧誌を作ったりもしました。とても稚拙なものでしたが、楽しかったな。私が子供の頃は、マンガ家はあこがれの仕事で、石ノ森先生はそのトップランナーだったと思います。(すでに、手塚先生は別格扱いでした。)現代は、コンピュータが超進歩し、人工知能、ロボットなどが現実化し、新たな産業革命が起っていると言われる激動の時代ですが、石ノ森先生はどのような作品を作っていたでしょうね?







「週刊少年ジャンプ展VOL.1」(六本木森アーツセンターギャラリー、7/18~10/15)にようやく行くことができました。

少年ジャンプは、1968年に創刊されたので、ちょうど今年が50周年になります。最初は月2回の発行でした。
ちょうど良い区切りということで、これまで発表された作品の回顧展が企画されたようです。50年間に掲載された作品数はとても多いので、3つの期間に分けてそれぞれ展覧会が開催されることになり、今回は創刊から1980年代の作品が展示されています。来年に、残りの時代の作品展が2回開催されるとのことです。

特に大きく採りあげられていたのは、
ハレンチ学園。男一匹ガキ大将。ど根性カエル。こちら葛飾区亀有公園前派出所。キン肉マン。シティーハンター。キャプテン翼。北斗の拳。Dr.スランプ。ドラゴンボール。聖闘士星矢。
などで、いずれもマンガ史に残る名作ばかりですね。

それぞれの作品の原画、アニメ作品、関連グッズなどが展示されていて、同じ時代にリアルタイムで作品に触れていた私にとっては大変感慨深い展覧会でした。正直、1990年以降の作品はあまり知らないので、今回展覧会に行けて良かったです。今回の開催は10/15まで。残りの期間もあとわずかとなりました。ご興味ある方は、ぜひお見逃しされないようお気をつけくださいね。

手塚治虫先生もジャンプに作品を発表されていますが、連載は、「百物語」(1971)だけで、その他は単発の読み切り物なので、今回の展覧会での展示はありませんでした。唯一の手塚関係の展示は、創刊号に掲載された手塚賞設立の記事だけでした。ここに手塚先生の写真が掲載されていました。

関連グッズもたくさん売られていました。私が買ったのは、「少年ジャンプ展行ってきましたクッキー」と「プレイボール(ちばあきお先生)のアートボード」です。下記をご参照ください。大好きだった、ちばあきお作品グッズがあってうれしかったです。


イメージ 1
この包装紙が貴重です。

イメージ 4
ジャンプのロゴマークは一貫して海賊でした。



イメージ 2

イメージ 3
いつも、真剣な谷口くん。







イメージ 1

本日(12/4)、川崎市民ミュージアムで開催されている「竹宮惠子監修 原画’(ダッシュ)展示シリーズ 『青年マンガの世界』開催期間:10/8~12/11)関連イベント「村上もとか×竹宮惠子トークショー」」に行ってきました。

「原画'(ダッシュ)」は、マンガ原稿を精密にスキャニングし、印刷状態を実物と見分けがつかないレベルにまで精密に調整した複製原稿です。竹宮先生が中心となり、大日本印刷と共同で開発したものとのことです。

マンガの原稿は、印刷されることを前提とし基本的に一般の読者にそのまま見せることは想定されていません。
実際には、切り貼りされていたり、スクリーントーンが重ねて張られていたり、また、作家によっては、褪色しやすい絵の具などが使われているため、当初の状態から劣化していきます。また、マンガ関連の展示会などでは、よく生原稿が展示されますが、照明や展示場所の温度、湿度の影響によって褪色したり、トーンが変形したりして劣化することがあります。

これに対し原画'(ダッシュ)はその時点での原稿を正確に記録するため、経年変化により劣化した原稿の当初の状態を見ることができます。また、普通のマンガ雑誌などでは、高精細な印刷ではないため、線がつぶれたり、かすれたりして、原稿での繊細な表現を見ることはできませんが、原画'(ダッシュ)では実際の原稿での表現を見ることができます。
確かに実物を見れれば一番良いかもしれませんが、貴重な原稿を保存するため公開や研究に原画'(ダッシュ)を活用するのは良い方法だと思います。

今回の展示会は、竹宮先生の他、平田弘史先生、ながやす巧先生、村上もとか先生の原画の原画'(ダッシュ)が公開されています。正直に言うと、原画を見たことがないので、原画'(ダッシュ)がどこまですごいかはわかりませんでした。できたら、出版された雑誌や単行本の当該頁を横に展示してくれたら、違いがわかって良かったかもしれませんね。

複製ができるということは、出版社や作者にとっては気持ち良くないという面もあるようです。しかし、生原稿は、慎重に保管していても必ず経時変化していくので、個人的には原画'(ダッシュ)のような活動はぜひ進めていただきたいと思います。マンガコンテンツは、本当に人類の宝物ですから。

さて、「村上もとか×竹宮惠子トークショー」は、今回の展示会の関連イベントとして企画されたものです。私は村上先生の大ファン(自称)で、六三四の剣は今でも繰り返し読んでいる愛読書です。先生の描く女の子も大好きです。また。竹宮先生も、先生がCOMに投稿されていた頃からのファンです。恥じらう微妙な時期の少年の姿がなんともいい感じでしたね。「これは、絶対に行かねば!」と思い、勇んで会場に向かいました。

お二人のお話は、原画'(ダッシュ)の事、発表されてきた作品の事の他、マンガ表現や使用するペン先の事など
大変興味深いものでした。旅が好き、飽きやすいので新しいテーマで作品を創作するなど、お二人の共通点も紹介されていました。最後に、サイン会が開かれ、私もサインをいただきました。ほんのちょっとでしたが、お話しをすることもできました。本当に感動しました。いや~。人生何があるかわからんものですね。

余談ですが、今回のイベントには、結構ベテランのファンが多かったようです。女性が多かったかな。互いに長い間ファンをやってきたためか、なんとなく他人のような気がしなくて、近くの人とお話ししてしまいました。これも良い経験でした。






↑このページのトップヘ